2018年1月24日 登田博士と湯川博士が共著で日本語総説を執筆しました。

登田博士と湯川博士が共著で日本語総説を執筆しました。
タイトル: タンパク質脱リン酸酵素の“えこ贔屓”:2A型ホスファターゼPP2A-B55はセリンよりスレオニンがお好き
実験医学 (2018) 2月号(vol  36:No. 3, 402-404).